読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dear Headhunters

Context change & High performance OS install

ヘッドハンターの役割とは

ヘッドハンターとしての役割は何か?

それは、クライアント企業が、独自ではできない採用をサポートすることである。

 

では、なぜ独自では採用できないのか?

ひとつは、候補者を見つけられないから

ひとつは、候補者と会えないから

ひとつは、候補者を口説けないから、である。

 

従って、ヘッドハンターとしての役割は、

ひとつは、候補者を見つけること

ひとつは、候補者と会うこと

ひとつは、候補者を口説くこと、である。

 

前提として、見つけること、会うこと、口説くことが難しいからこそ、

クライアント企業がヘッドハンターに依頼をしているのである。

 

難易度が高い候補者を見つけ、会い、口説くことがヘッドハンターの役割であるならば、

それが「難しい」と言うヘッドハンターには企業が依頼する理由がなくなる。

 

「候補者が見つからない」と言う代わりに、

「どうしたら候補者を見つけられるか?」と考えることが必要である。

 

「候補者に会えない」と言う代わりに、

「どうしたら候補者に会えるか?」と考えることが必要である。

 

「候補者を口説けない」と言う代わりに、

「どうしたら候補者を口説けるか?」と考えることが必要である。

 

決して言い訳せず、達成できるまで、挑戦し続けるのみである。

見つけるまで見つけること、それがヘッドハンターの役割である。