読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dear Headhunters

Context change & High performance OS install

事業はフォーカスしているか?

自社の価値は何か。

経営者はこのことを考える必要があります。

 

収入とは、貢献した対価です。

つまり何かのお役に立った貢献料です。

 

したがって収入額を増やそうとするならば、

貢献量を増やす必要があります。

 

貢献とはつまり、

自分たちが提供している介在価値のことです。

 

経営者が創り出しているのは、

この介在価値に他なりません。

 

もしこの介在価値が無いにも関わらず、収入が生み出されているのであれば、

恐らく中長期的では、その状況はマイナスへ向かうはずです。

 

したがって、経営者が長きに渡って収入を得続けるためには、

社会に対する介在価値を提供し続ける必要があるのです。

 

ではどうしたら価値を創り出せるのか。

そのための一つのアプローチは、絶対価値と相対価値を考えてみることです。

 

絶対価値とは、自社が介在することで、

現状よりもより良くなる影響です。

 

相対価値とは、他社と比較した時に、

自社の方がより良いポイントです。

 

まずは絶対価値を考えます。0から1を生み出すイメージです。

次に相対価値を高めます。1から10へ向かうイメージです。

 

なぜ相対価値を高める必要があるかと言うと、

自社よりもより高品質で、低価格なものがあれば、

自社を選んでもらう必要性は相対的に低くなります。

 

選ばれないということは、

そもそも貢献できる機会を得られず、結果収入は得られません。

 

したがって相対価値を高めるためにも、

自社の強みを強化することです。強い事業にリソースを集中するのです。

 

選ばれて初めて貢献できるチャンスとなり、

収入を得る機会となります。