読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dear Headhunters

Context change & High performance OS install

脱三日坊主。やる気がない時に、続けるための方法

「また続けられなかった…」「また三日坊主だ…」、

ものごとを続けられないという悩みは良く耳にします。

 

「やる気が起きなくて…」そんな理由も少なくありません。

そんな方が続けるための方法をご紹介します。

 

そもそも「やる気」に行動を起因させないことが、

続ける秘訣です。

 

やりたいorやりたくないで行動を決めると、

「やりたい」と思わせるための感情のコントロールが必要になってきます。

 

毎回毎回やる気を起こすためにエネルギーがかかるので、

ここではやる気に起因しない続ける方法を採用します。

 

それは「言葉にリードさせる」という方法です。

「やる」という言葉を尊重し守るということです。

 

なぜ行動するのかというと、

自分が「やる」と言ったから、というシンプルな構造にします。

 

そこにやる気は必要ありません。

「やる」と言ったことを、ただやるのです。

 

自分の言葉を尊び「やる」のであれば、

やらない場合は「やらない」と言う必要があります。

 

そうすることで、自身の言葉に力が宿ります。

やる時は「やる」、やらない時は「やらない」と言うのです。

 

言行を一致させていくと、

「やる」と言ったことは続けられるようになります。

 

その際、やりたいやりたくないという感情は、一旦横に置きます。

そしてもしポジティブな感情があればうまく活用し行動をブーストします。

 

あくまでも「やりたい」は行動を強化する材料に過ぎません。

続ける続けないは、自身の「言葉」次第となります。

 

なぜ続けることができるのか。

それは「私が続けると言ったから」という世界を是非お試しくださいませ。