読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dear Headhunters

Context change & High performance OS install

文句が言いたい時の対処法

誰かに対して文句が言いたくなる時、

そのまま相手に伝えることもできますが、別の方法によって解決も可能です。

 

視点をシフトするのですが、

まず文句を言いたい時、「自分」と「相手」はその間に境界線があります。

 

言い換えると、「相手」は、「自分」以外であるということです。

そしてこれはいたって普通のことです。

 

これからお伝えすることは、創作された視点です。

それは「相手」を「自分」というスペースの内側に置いてみるのです。

 

例えば、居酒屋で酔っ払いが他のお客さんに絡んでいる時と、

自分の友達が酔っ払って他の人に絡んでいる時と、対応は同じでしょうか。

 

恐らく異なるはずです。

自分の友達の時は、嗜めたりするのではないかと思います。

 

この違いはどこから来るのでしょうか。

一つは、自分に関係するかどうかではないでしょうか。

 

つまり居酒屋という空間において友達が騒いでいることは、

「自分事」となっているため、自ら対応しようとするのです。

 

相手に文句を言おうする際、

一旦この「自分事」という視点を創作してみます。

 

すると相手を「責める」というモードではなく、

より建設的な関わり方に視点がシフトするはずです。

 

それは自分自身の問題を対応するモードになり、

「相手」ではなく、「自分」を扱うことになるからです。

 

相手を攻撃する文句を言う前に、

一度立ち止まって、自分事の視点創作をおすすめいたします。