読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dear Headhunters

Context change & High performance OS install

一流は、決して言い訳しない

「候補者が見つからない。。」

 

「候補者から返信が来ない。。」

 

「候補者との面談がキャンセルになった。。」

 

「候補者と音信不通になった。。」

 

私が時々受ける、ヘッドハンターの方々からの共有事項だ。

そしてこれらのことをお話しいただく時、そのほとんどは力無い声である。

 

彼らは、思い出す必要がある。

ヘッドハンターという仕事は、楽で、簡単な仕事ではないということを。

 

そもそもなぜクライアント企業が、

求人案件をヘッドハンターに依頼をするのか。

 

それは、クライアント企業が直接採用することが難しいからである。

難しいからこそ、その道のプロであるヘッドハンターに依頼をしているのである。

 

もともと難しくて当たり前である。

だからこそ、転籍を実現した際は、大きな報酬を得ることができるのだ。

 

「難しい。。」と力無い声で言い訳をするヘッドハンターは、プロではない。

一流ヘッドハンターは、決して言い訳しない。

 

もちろん一流ヘッドハンターにとっても、簡単な訳ではない。

ただその難しさにとらわれるのではなく、自らの役割に真摯なだけだ。

 

彼らは決して、弱音を吐かない。

約束した役割を全うするまで、取り組み続けるのみである。

 

クライアント企業に必要な人財をマッチングできるまで、

弛まぬ努力と行動をし続けるのみである。