読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dear Headhunters

Context change & High performance OS install

幸、不幸を決めているのは、誰か?

「私は、幸せです。」「私は、不幸せです。」

これらは、どちらも真実でしょうか。

 

同じ状況に陥ったとしても、

ある人は「ついていない」と言い、ある人は「ついてる」と言います。

 

つまり幸、不幸は単に「解釈」であり、

その解釈を決めているのは他ならぬ自分自身です。

 

「私は、不幸せです。」と言う時、

その解釈を選んでいるのは、自分自身なのです。

 

自分自身で選んでいるのなら、

本来はどんな解釈を選択することも可能なはずです。

 

しかし時に私たちは、

自分のパワーを落とすような選択をしてしまいます。

 

そんな時恐らく共通しているのは、

誰かのせい、何かのせいにしているということです。

 

つまり自分以外の何かに、

幸、不幸の決定権を明け渡してしまっているのです。

 

これは大変もったいないことです。

自分の人生の主導権を、自ら手放してしまっているからです。

 

しかも、自分にとってプラスではなく、

マイナスになるような形でです。誰も得をしていないのです。

 

ぜひ改めて幸、不幸を決めているのは、

自分自身であることを認識し直しましょう。

 

そして、自分にとってはもちろん、

関わる人も全員ハッピーになれるような解釈を選択しましょう。

 

それは今、この瞬間から、

私たち全員が選択可能なことです。